9日にWindows 8.1のメインストリームサポートが終了しましたが、Windows 7のサポート完全終了も14日であと2年となりました。延長サポートの終了日は2020年1月14日です。

Windows 7のメインストリームサポートは2015年1月13日で終了しており、延長サポートになってから3年も経過しています。延長サポートが終了すると、セキュリティ関連などの更新プログラムは一切提供されなくなり、マルウェアなどからの攻撃に対して脆弱な状態になってしまいます。

Windows 10も提供開始からすでに2年以上が経過し、11日(米国時間)には4つ目となる機能アップデート「Fall Creators Update」がすべての互換デバイスで利用可能になりました。そう思うと、あと2年というのはそんなに長い期間ではない気がします。これまで様子を見ていたWindows 7ユーザーの方も導入を検討してみてはいかがでしょうか。

ちなみに、Windows Vistaは2017年4月、Windows XPは2014年4月にサポートが終了しています。まだお使いの方はいないとは思いますが、もし使っているのであれば、早急に新しいOSに乗り換えることをお勧めします。

 

 

【関連記事】

「Waterfox」v56.0.2が公開、「Firefox」のCPU脆弱性修正を取り込む

サラっとしたデザインもいいけど、やっぱり落ち着くツールバー ~「Edge」にお気に入りバーを表示する