「Firefox」派生ブラウザー「Waterfox」の最新版v56.0.2が、7日に公開された。Windows/Mac/Linuxに対応するフリーソフトで、現在本ソフトの公式サイトからダウンロードできる。

「Waterfox」は、「Firefox Quontum」より前に採用されていた“Australis”デザインを継承し、“レガシーアドオン”への継続対応を表明している「Firefox」派生ブラウザー。“Pocket”統合や新規タブページのスポンサータイルといった余計な機能を除去している点も、本家「Firefox」との違いと言える。

最新版では、、「Firefox」v57.0.2およびv57.0.4における脆弱性修正が取り込まれた。これらの修正には、最近話題となっているCPU脆弱性“Meltdown”“Spectre”への対策も含まれている。

また、マルチプロセス技術“e10s”との互換性が明示されていない拡張機能を導入した環境で“e10s”が無効化された。“about:config”から強制的に有効化することもできるが、最悪の場合ブラウザーがクラッシュする恐れがあるので注意したい。

そのほかにも、“libcubeb”のアップデートにより新しいWindows 10ビルドで発生していたオーディオの問題を解決。デフォルトブラウザーのチェック機能などにも不具合修正が加えられているという。

 

 

 

【関連記事】

サラっとしたデザインもいいけど、やっぱり落ち着くツールバー ~「Edge」にお気に入りバーを表示する

Windows Vista、サポート終了後も6万台のPCで稼働 トレンドマイクロが警鐘