Microsoftは22日(現地時間)、Windows 10 Insider Previewの「Build 17046」の配信をFast ringで開始した。

■Edgeにフォームの自動一括入力機能

Build 17046では、標準WebブラウザのEdgeにおいて、アドレスなどに関連したフォームに対し、自動的に情報を埋める機能を追加。一度フォームを埋めると、フォームの情報を保存するように促され、次回から上記のような項目を選択したさいに、ドロップダウンメニューから該当する情報を選ぶことで、すべての項目を一括で埋められるようになる。

アドレスの情報はWindows 10デバイス間で共有され、「詳細設定」で任意に追加したり、削除することも可能。

このほかのEdgeの改良点としては、EPUBデータの閲覧において、テキスト間のスペースを調整できるようになっている。

■UWPアプリで即座に詳細オプション表示可能に

UWPアプリを右クリックすることで「その他」から「設定」にアクセスする手段を用意。これまでのようにいちいち「設定→アプリ→アプリと機能→詳細オプション」を選ばなくてすむようになった。

■EmojiパネルからEmojiをまとめて入力

現時点ではen-usキーボードのみのサポートにとどまるが、[Windows]+[.]または[;]でEmojiパネルを呼び出せるようになった。Emojiパネル上からEmojiをまとめて入力できるようになる。

このほか、キーワードからEmojiを呼び出すための対応言語が増やされている。

 

 

 

【関連記事】

Windows 10次期アップデートは「AirDrop」のような共有機能を追加

家庭向け「Office 365」版Outlook.comに広告非表示などプレミアム機能追加