Microsoftは米国時間10月17日、「Windows 10 Fall Creators Update」の一般提供を開始するとともに、「Windows Server 2016」の初の機能アップデートである「Windows Server version 1709」をリリースした。

既に試用を始めている管理者もおり、「バージョン1709」(2017年の9月を表す)としても知られているこの「半期チャネル」のアップデートで、複数の意外な機能やオプションが姿を消している点に既に気付いている。

まず、バージョン1709でもたらされたものを簡単に挙げておこう。

Microsoftが先に述べていたように、以前のWindows Server 2016と比べると、「Server Core」のコンテナイメージがおよそ60%縮小されており、「Nano Server」のコンテナイメージも80%近く縮小されている。またMicrosoftはこのリリースでかねての約束通り、「Hyper-V」の隔離技術を用いたLinuxコンテナのサポートを追加している。

同社が6月に述べていたように、Nano Serverは従来の実現手段とは「異なり」、コンテナイメージ内で実行されるようになった。フットプリントを最小化したWindows ServerをNano Serverによって実現するというMicrosoftの思惑を支持するユーザーは意外に少なかったようであるため、この進路変更は順当と言えるだろう。また同社は9月に、Windows Server向けの新たなGUI管理ツールとして「Project Honolulu」(現在はテクニカルプレビュー段階)を発表し、ロードマップを充実させている。

今回のリリースにおいて、SMB1のデフォルトでのインストールが見送られている点や、SMB2以降のゲスト認証が無効化されている点、そしてコンピュートやストレージ、ネットワーキング、リモートデスクトップサービス(RDS)などに関するその他の変更点については、Microsoftのこのページを参照してもらいたい。

ではここで、バージョン1709で姿を消している機能やオプションに目を向けたい。

まず、Windows Server 2016の「Essentials」エディションがなくなっている。これは、ユーザー数が25名以内かつデバイスが50台以内の小規模企業向けに用意された初のクラウドレディOSであり、2016年10月に提供が開始された。

しかし、バージョン1709に関するMicrosoft Docsページ内の「Windows Server edition」セクションでも、Essentialsエディションには触れられていない。

 

 

【関連記事】

モリサワの「UDデジタル教科書体」が「Windows 10 Fall Creators Update」に採用

「Windows 10」最新プレビュー、スタートメニューに「Fluent Design」が登場