初期設定ではエクスプローラーに拡張子は表示されない。ファイルのプロパティを開けば拡張子を確認できるが、面倒だ。
エクスプローラーで隠れている拡張子やシステムファイルを表示したい

ファイル名には、ファイルの種類を表す拡張子という文字列が付いている。例えば、テキストファイルなら「〇〇.txt」というようなドットからはじまる英数字のことだ。JPEG画像なら「.jpg」だし、Wordなら「.doc」や「.docx」となる。

しかし、初期設定ではエクスプローラーに拡張子は表示されない。ファイルのプロパティを開けば拡張子を確認できるが、面倒だ。そんな時は、隠されている拡張子を表示するようにしよう。

エクスプローラーの「表示」タブを開き、「ファイル名拡張子」にチェックする。もしくは、「フォルダーオプション」の「登録されている拡張子は表示しない」のチェックをはずせば、拡張子が表示されるようになる。あとは、通常のファイル名変更と同じように、拡張子も変更できる。拡張子を変更すると、正常にファイルが表示されなくなる可能性もあるので注意すること。

拡張子だけでなく、初期状態ではエクスプローラーに表示されないファイルがある。この隠しファイルを表示する場合は、「表示」タブの「隠しファイル」にチェックするか、「フォルダーオプション」の「隠しファイル、隠しフォルダー、および隠しドライブを表示する」にチェックすればいい。

さらに、Windows 10が使っている重要なファイルは、隠しファイルに加えて、システムファイル属性となっている。これも表示するなら、「フォルダーオプション」で「保護されたオペレーションシステムファイルを表示しない」のチェックをはずす。

これでズバッと解決!

「フォルダーオプション」から、拡張子や隠しファイル、システムファイルなどを表示できる。

 

 

【関連記事】

Mac/Windows向け「Googleドライブ」アプリ、12月11日にサポート終了へ

「Windows 10 Fall Creators Update」の完成を見届けるか、その先の世界へ向かうか