米Googleのメールサービス「Gmail」のデスクトップ版で、オフライン機能を設定できるようになった。米9TO5Googleなどが5月13日(現地時間)に確認した。

Googleが4月に発表したGmailの多数の新機能の1つ。ネットワークにつなげない状態でも過去のメール(保存するメールの量は自分で設定する)の検索や閲覧ができ、新規メールの作成もできる。作成したメールは、ネットワークが利用できるようになった段階で自動的に送信される。

この機能はChromeブラウザのバージョン61以降でのみ利用可能だ(Firefoxなど他のブラウザで選択すると「オフライン機能は利用できません」という告知が表示される)。

利用するには、[設定]→[オフライン]タブをクリックし、「オフラインメールを有効にする」のチェックボックスをクリックする。

以下のような設定項目があるので、それぞれの好みで設定する。過去何日間のメールを保存するかの項目では、1週間、1カ月、3カ月からいずれかを選べる。

Googleアカウントからログアウトした場合に、オフラインデータをPCに保存するかどうかも選べる。セキュリティ的にはログアウトするごとにデータを削除した方が安全だが、そうすrとログインするたびにデータを再同期するため、起動が遅くなる。