高度な設定

Windows 10の大型アップデート「Fall Creators Update(1709)」は10月17日に一般公開されたが、その前から「Redstone 4(RS4)」と呼ばれる次期アップデートの開発は平行して進んでいる。RS4は2018年3月ごろにリリースされる予定だ。

Microsoftは2014年10月から、デベロッパーだけでなく一般ユーザーもWindows OSの開発に参加できる「Windows Insider Program」を提供している。その参加者に配信される開発段階のプレビュー版「Windows 10 Insider Preview」をインストールすれば、(不具合も多数あるが)一足先にWindows 10公式アップデート前の新機能を試せるというわけだ。

Fall Creators Updateが完成するまでは、Insider Programの設定から「Skip Ahead」を選択することで、RS4の最新バージョン(ビルド)を利用できる仕組みだったが、完成後には通常の「Fast Ring」設定でも利用可能になっている。

ただ、RS4開発スタート直後のInsider Previewはバグの修正や内部調整が更新内容の中心で、RS3ことFall Creators Updateでの搭載が見送られた「タイムライン」や「クラウドクリップボード」のような目玉となる新機能を試せる段階には至っていない。

しかし11月8日(米国時間)にFast RingまたはSkip Aheadユーザー向けに配布が開始されたInsider Previewの「Build 17035」では、RS4としては初めて興味深い新機能が追加されており、Insider Program参加者の間で話題になっている。

なお、AMD製プロセッサを搭載したPCでは、Insider Previewの導入で問題が発生することが確認されており、現時点でMicrosoftは同ビルドの当該マシンへの導入をブロックしているようだ。

●近くのPC同士でファイルを共有する「Near Share」

筆者はWindowsからAndroid、iOS、macOSまで、さまざまなプラットフォームのデバイスを触っているが、この中でも最近便利だと思っている機能がiOSとmacOSで利用可能な「AirDrop」だ。

AirDropでは、Webページのリンクからファイルまで、さまざまなデータをApple系デバイスの間で簡単に共有できる。主な用途としては、開いている地図情報やWebページをそのまま近くにいる相手に送って開いてもらったり、撮影した写真や受け取ったファイルをワイヤレスで融通し合ったりといった使い方だ。また、iPhoneで撮影した写真をAirDropで素早くMacに取り込んで加工し、SNSへの投稿や原稿の送信に活用して重宝している。

そんなわけで、「この機能を使ってデータをAndroidやWindowsにも送信できれば便利なのに……」と思ったのは一度や二度ではないのだが、ついにWindows 10にも同じような機能が加わるようだ。Build 17035で追加された新機能「Near Share(近くの共有)」は、このAirDropのMicrosoft版だと考えていいだろう。

使い方は簡単だ。設定アプリの「システム」→「通知とアクション」の項目にある「クイックアクションの追加または削除」を選択し、「近くの共有」のスイッチをオンにする。すると、クイックアクション(タッチパネルでは画面右端から左にスワイプで出現)の項目に「近くの共有」が現れるので、これをオンにしておく。これでNear Share機能を使う準備は完了だ。

「近くの共有」を利用するには、Windows 10の各アプリに用意された「共有」機能を利用すればいい。従来はインストール済みのアプリまたは特定の相手のみが対象だった共有先の項目に、新たに「近くの共有」が追加されている。

先ほどのクイックアクションの「近くの共有」項目をオンにしていた場合、近隣の相手の共有メニューの中に「共有可能なデバイス」として自身のデバイス名が表示される。このデバイス名を選択すれば、データを簡単に送れるというわけだ。

ただ残念なのは、現在はWindows PCのみが対象という点だ。筆者のAirDropでの利用ケースを考える限り、この共有機能を利用するのは主にiPhoneなどのモバイルデバイス同士、あるいはiPhoneとMac間が中心となっている。Mac同士で融通し合うケースは珍しいと思われるため、同様に現時点での仕様ではWindows同士で「近くの共有」機能を利用するケースもまた限られるだろう。

今後はMicrooftが準備を進めている「Project Rome」(さまざまなデバイスとアプリをつないでシームレスなユーザー体験をもたらすという)のような形で、プラットフォームをまたいでAndroidやiOSからでも同機能が利用可能になってこそ、価値が出てくるはずだ。

なお、同様の仕組みはGoogleも検討しているようで、「Files Go」の名称でβテストが進んでいる様子を米The Vergeが報じている。個人的要望としては、各社がバラバラに同種の機能を提供するのではなく、仕組みを標準化して互換性を持たせてくれる方がありがたい。是非ユーザー視点で使いやすい機能を業界として目指してほしいところだ。

●Edgeブラウザや日本語入力でも地味な改良

この他、Build 17035ではEdgeブラウザの改良が目立っている。1つはタブの「ミュート」で、特定のタブの動画や音声を強制消音できるようになった。

最近ではWebブラウザでラジオ番組を楽しめるので、作業中に聞いているユーザーも少なくないだろう。あるいは、サイトでの動画広告、ニュースサイトなどでの動画番組や音声コメントの自動再生が行われ、突然の音楽再生などで困るケースも少なくない。

そうした場合に、Skype通話などへの対応でミュート機能を使って一時的に消音したり、あるいは予防的に自動再生で音楽が突然鳴り出すような事態を避けたりと、使う場面はいろいろ考えられる。

Edgeブラウザではこれ以外に、DRMのないEPUBファイルを直接保存できるボタンが追加された。また、電子書籍の一覧ページで書籍を選択した際に表示される右クリックメニュー(コンテキストメニュー)に新項目が追加され、Microsoftストア上でのプレビューやスタートメニューへのピン留め、更新といった機能が呼び出せるようになった。

言語入力の面では、Microoftの女子高生AIこと、AIチャットボット「りんな」の会話バリエーションが日本語IMEに追加されており、入力候補にりんなライクな選択項目が出現するようになった。ただ、デフォルトでは同機能が無効化されているため、IMEの拡張メニューを開いて「推測変換(Predictive Input)」のうちの「りんな」のチェックボックスを有効にする必要がある。

この他、日本語のユーザーにはあまり関係ないと思われるが、Build 17035ではソフトウェアキーボードや手書きパッドで幾つかのマイナーチェンジが行われている。

 

 

【関連記事】

家庭向け「Office 365」版Outlook.comに広告非表示などプレミアム機能追加

「Windows Server 2016」最新版、どの機能が消えたか

米Microsoftは10月30日(現地時間)、「Office 365」の「Home」および「Personal」エディション(米国でのエディション)のユーザー向けに幾つかの“プレミアムな”機能を追加したと発表した。

日本の「Solo」エディションについては言及していないが、新機能は「ワールドワイドで」数週間かけてローリングアウトしていくとしている。

これらは、2016年4月にパイロット版として立ち上げた「Outlook.com Premium」の機能の一部だ。Outlook.com Premiumは日本でも利用できたが、同日新規ユーザー登録の終了が発表された。現行ユーザーは利用を継続できるという。

新機能は以下の通り。

・添付ファイルのスキャンやリンク先のWebページがスパムサイトなどではないかどうかのチェックといったセキュリティ機能
・受信箱に広告が表示されない
・メール向けに50GBのストレージ追加
・“プレミアムな”サポート

 

 

【関連記事】

「Windows Server 2016」最新版、どの機能が消えたか

モリサワの「UDデジタル教科書体」が「Windows 10 Fall Creators Update」に採用

 

Microsoftは米国時間10月17日、「Windows 10 Fall Creators Update」の一般提供を開始するとともに、「Windows Server 2016」の初の機能アップデートである「Windows Server version 1709」をリリースした。

既に試用を始めている管理者もおり、「バージョン1709」(2017年の9月を表す)としても知られているこの「半期チャネル」のアップデートで、複数の意外な機能やオプションが姿を消している点に既に気付いている。

まず、バージョン1709でもたらされたものを簡単に挙げておこう。

Microsoftが先に述べていたように、以前のWindows Server 2016と比べると、「Server Core」のコンテナイメージがおよそ60%縮小されており、「Nano Server」のコンテナイメージも80%近く縮小されている。またMicrosoftはこのリリースでかねての約束通り、「Hyper-V」の隔離技術を用いたLinuxコンテナのサポートを追加している。

同社が6月に述べていたように、Nano Serverは従来の実現手段とは「異なり」、コンテナイメージ内で実行されるようになった。フットプリントを最小化したWindows ServerをNano Serverによって実現するというMicrosoftの思惑を支持するユーザーは意外に少なかったようであるため、この進路変更は順当と言えるだろう。また同社は9月に、Windows Server向けの新たなGUI管理ツールとして「Project Honolulu」(現在はテクニカルプレビュー段階)を発表し、ロードマップを充実させている。

今回のリリースにおいて、SMB1のデフォルトでのインストールが見送られている点や、SMB2以降のゲスト認証が無効化されている点、そしてコンピュートやストレージ、ネットワーキング、リモートデスクトップサービス(RDS)などに関するその他の変更点については、Microsoftのこのページを参照してもらいたい。

ではここで、バージョン1709で姿を消している機能やオプションに目を向けたい。

まず、Windows Server 2016の「Essentials」エディションがなくなっている。これは、ユーザー数が25名以内かつデバイスが50台以内の小規模企業向けに用意された初のクラウドレディOSであり、2016年10月に提供が開始された。

しかし、バージョン1709に関するMicrosoft Docsページ内の「Windows Server edition」セクションでも、Essentialsエディションには触れられていない。

 

 

【関連記事】

モリサワの「UDデジタル教科書体」が「Windows 10 Fall Creators Update」に採用

「Windows 10」最新プレビュー、スタートメニューに「Fluent Design」が登場

(株)モリサワは17日、「Windows 10 Fall Creators Update」で同社の「UDデジタル教科書体」が採用されたことを発表した。同フォントは「Windows 10 Insider Preview」Build 16215からすでに導入されているが、正式に発表されたのは今回が初めて。

「UDデジタル教科書体」は、教育現場の要望に応えるため、ヒアリングや検証をもとに改良を重ねながら10年にわたり開発されてきた書体。筆運びの向きや点、ハライ、画数、筆順などは学習指導要領に準拠しつつも、太さの強弱を抑えてロービジョン(弱視)、ディスレクシア(読み書き障害)などにも配慮しているのが特徴。電子黒板やタブレット端末といったICT教育の現場で効果を発揮する可読性・視認性に優れるユニバーサルデザイン対応の書体となっている。

導入される書体は「UDデジタル教科書体 R」(レギュラー)と「UDデジタル教科書体 B」(ボールド)の2つで、それぞれに“等幅(英数半角)”、“P付き(英数プロポーショナル)”、“K付き(英数かなプロポーショナル)”のフォントが提供される。日本語版の「Windows 10 Fall Creators Update」ではOS標準フォントとして利用できるほか、日本語版以外でも日本語パックのインストールで利用できるようになるとのこと。

 

 

【関連記事】

「Windows 10」最新プレビュー、スタートメニューに「Fluent Design」が登場

「Microsoft 365」に2つの新バージョンが登場--さらなるセキュリティ機能も

Microsoftは米国時間9月27日、スタートメニューで「Fluent Design」を体験できる最新の「Windows 10」プレビュービルドを公開した。

このプレビューは、次期「Fall Creators Update」のプレビューではなく、「Redstone 4」という開発コード名が付けられた次期Windows 10向けのプレビューだ。

今回Windows InsidersのFastリングの「Skip Ahead」向けに公開したRedstone 4のプレビューでは、Microsoftが最新のデザインシステムであるFluent DesignをどのようにWindows 10に実装するのかを伺い知ることができる。

Fall Creators Updateでは、アクションセンターなど一部のアプリと機能にFluent Designの要素が入っている。

Fluent Designには、アプリに半透明のレイヤ効果を加えることで深みを出す「Acrylic」マテリアル、シーンの遷移を作成できる「Connected」アニメーション、3D効果「Parallax」などがある。

プレビューでは、スタートメニューで「Reveal」効果が使われている。Revealは光を当てたように見せる効果で、ユーザーがマウスをホバリングさせると、画面の中でアクションを取ることができる要素(アプリのボタンなど)に注意を向けるようにできる。

スタートメニューにあるアプリの上でマウスを動かすと、ボックス内の各アプリのボタンをグレイに色を変えて表示する。この様子についてはWindows Centralが動画を公開している。

Microsoftは今後、Windows 10の次のリリースのアップデートでFluent Designにもっと「光を当てたい」としている。

プレビューでは「Edge」ブラウザにも多数の修正が加わっており、アドレスバー、PDF向けのタブプレビュー、テキスト検索フィールド、ショートカットなどに関するさまざまな問題に対応した。

MicrosoftはWindows 10を”アズ・ア・サービス”として構築しており、3月と9月の年2回のリリーススケジュールを設定している。

Fall Creators Updateはバージョン番号1709で、10月にリリースを予定している。次期Windowsのバージョン1803は2018年3月に公開予定だ。

 

 

 

【関連記事】

「Microsoft 365」に2つの新バージョンが登場--さらなるセキュリティ機能も

Windows 10のエクスプローラーで隠れている拡張子やシステムファイルを表示したい

Microsoftは、「Microsoft 365」に新しいバンドルを追加し、「Windows」「Office 365」「Enterprise Mobiity + Security」が統合されたこのサブスクリプション型の管理およびセキュリティ製品にさらなる機能を追加する。

Microsoftは、7月の「Inspire」カンファレンスでMicrosoft 365を発表し、夏に「Microsoft 365 Enterprise」と「Microsoft 365 Business」という2つのバンドルを提供開始した。

同社は米国時間9月25日に開幕した「Ignite」カンファレンスで、「Microsoft 365 Education」と「Microsoft 365 F1」というさらなるバンドルをそのラインアップに追加する。

Microsoft 365 Educationは学生と教育機関向けで、「Windows 10」、「Office 365 for Education」、Enterprise Mobility + Security、「Minecraft Education Edition」が含まれる。

Microsoft 365 F1は「ファーストライン」の顧客サービスやサポートの従事者向けで、Windows 10、「Office 365 F1」(以前「K1」として知られていたプラン)、Enterprise Mobility + Securityが含まれる。「Microsoft StaffHub」というサービス従事者が自分のスケジュールを管理するためのアプリも同バンドルに含まれている。

Microsoftは「Microsoft 365 for NonProfits」というバンドルも追加予定であることに言及したが、その内容については具体的に述べなかった。

Microsoftと、HP、レノボ、富士通といった同社の一部のOEMパートナーは、「Windows 10 S」を搭載するローエンドのPCを2017年中に提供する予定だ。将来的には、Microsoft 365のサブスクリプションによって「Windows 10 Enterprise」の機能も利用可能になるという。

MicrosoftはIgniteカンファレンスで、Windows 10、「Intune」、Office 365に追加予定のその他の新しい管理機能をプレビュー公開した。2018年前半に、レノボやHPなどが「Windows Autopilot」の提供を開始する。「Microsoft Surface」で既に提供されているWindows Autopilotによって、ユーザーは顧客環境向けに設定済みの新しい端末をセットアップできるようになる。

また、Intuneに新しい共同管理機能が追加される。オンプレミスからクラウドベースの管理への移行をより簡単かつシームレスにすることを目的とした機能だ。

2018年前半には、「Office 365 Usage Analytics」も追加され、サービス全体にわたる使用データを管理者が分析および視覚化できるようになる。また、さらなる条件付きアクセス機能や、電子メールおよびドキュメントのメッセージ暗号化機能のアップデート、「Office 365 Advanced Threat Protection」などの新しい脅威対応機能の追加も予定されている。

 

 

 

【関連記事】

Windows 10のエクスプローラーで隠れている拡張子やシステムファイルを表示したい

Mac/Windows向け「Googleドライブ」アプリ、12月11日にサポート終了へ

初期設定ではエクスプローラーに拡張子は表示されない。ファイルのプロパティを開けば拡張子を確認できるが、面倒だ。
エクスプローラーで隠れている拡張子やシステムファイルを表示したい

ファイル名には、ファイルの種類を表す拡張子という文字列が付いている。例えば、テキストファイルなら「〇〇.txt」というようなドットからはじまる英数字のことだ。JPEG画像なら「.jpg」だし、Wordなら「.doc」や「.docx」となる。

しかし、初期設定ではエクスプローラーに拡張子は表示されない。ファイルのプロパティを開けば拡張子を確認できるが、面倒だ。そんな時は、隠されている拡張子を表示するようにしよう。

エクスプローラーの「表示」タブを開き、「ファイル名拡張子」にチェックする。もしくは、「フォルダーオプション」の「登録されている拡張子は表示しない」のチェックをはずせば、拡張子が表示されるようになる。あとは、通常のファイル名変更と同じように、拡張子も変更できる。拡張子を変更すると、正常にファイルが表示されなくなる可能性もあるので注意すること。

拡張子だけでなく、初期状態ではエクスプローラーに表示されないファイルがある。この隠しファイルを表示する場合は、「表示」タブの「隠しファイル」にチェックするか、「フォルダーオプション」の「隠しファイル、隠しフォルダー、および隠しドライブを表示する」にチェックすればいい。

さらに、Windows 10が使っている重要なファイルは、隠しファイルに加えて、システムファイル属性となっている。これも表示するなら、「フォルダーオプション」で「保護されたオペレーションシステムファイルを表示しない」のチェックをはずす。

これでズバッと解決!

「フォルダーオプション」から、拡張子や隠しファイル、システムファイルなどを表示できる。

 

 

【関連記事】

Mac/Windows向け「Googleドライブ」アプリ、12月11日にサポート終了へ

「Windows 10 Fall Creators Update」の完成を見届けるか、その先の世界へ向かうか

米Googleは9月7日(現地時間)、MacおよびWindows向けの「Googleドライブ」アプリのサポートを12月11日に終了し、サービスそのものを2018年3月12日にシャットダウンすると発表した。7月に公開した「バックアップと同期」への移行を勧めている。

バックアップと同期は、「Googleドライブ」アプリと「Googleフォトアップローダ」を統合したもの。新たにダウンロード、インストールする必要がある。Googleのページからダウンロードできる。

このアプリをインストールすると、PC上に「Googleドライブ」フォルダが作られ、このフォルダに保存したものがすべてクラウド上のGoogleドライブの「マイドライブ」フォルダと自動的に同期するようになる。設定すれば「Googleドライブ」以外のPC上の他のフォルダも同期でき、USB端末やSDカードの同期も可能だ。

Googleはまた、3月に発表した「G Suite」の機能「ドライブ ファイル ストリーム」を全ユーザーに提供開始したことも発表した。

ドライブ ファイル ストリームは、PCから直接クラウド上のファイルを編集できる機能。マイドライブだけでなく、チームの共有ドライブにアクセスできる。

 

 

【関連記事】

「Windows 10 Fall Creators Update」の完成を見届けるか、その先の世界へ向かうか

「Windows PowerShell 2.0」は非推奨に ~「Windows 10 Fall Creators Update」から

8月23日に、Windows 10 Insider Previewのビルド16273がリリースされたかと思ったら、その2日後の8月25日に、またビルド16275が相次いでリリースされた。今回はその2ビルドの変更点をまとめて報告しよう。

ビルド16273では、Windows Insider Programで次の次のアップデートを受信できるようになった。次の大型アップデートである「Fall Creators Update」を飛ばして、Redstone4と呼ばれるその次のアップデートを受け取ることができるのだ。ただし、マイクロソフトのブログでは、Redstone4の開発はスタートしているものの、「Fall Creators Update」に集中しているので大きな変更や新機能はまだお目見えしないとのこと。新機能を楽しみにしているなら、これまで通り「次のバージョンのWindows」を受け取るようにしておいたほうがいいだろう。

他には、「Windows Insider Emoji Bot」をスカイプのコンタクトにいれ、Peopleに登録すると、絵文字が届いたときの挙動を確認できる。フィードバックHubにクエストが登録されているので、クリアしておこう。

フォントスタイルを自由に変更できるバリアブルフォント「Bahnschriftフォント」を搭載したのもポイント。マイクロソフトやApple、Google、アドビなどが共同開発したもので、将来の動向が楽しみだ。

ビルド16275は主に不具合の修正がメイン。スライドショーのスリープ時から復帰する際の挙動やディスプレイのDPI回りの不具合が改善されている。

Windows 10 Insider Previewのビルド16273と16275が相次いでリリース。スカイプで絵文字を受信する「Windows Insider Emoji Bot」やフォントスタイルをカスタマイズできるバリアブルフォントなどが追加された。

 

 

【関連記事】

「Windows PowerShell 2.0」は非推奨に ~「Windows 10 Fall Creators Update」から

Windows 10を「視線で操作」できるようになる

米Microsoft Corporationは24日(現地時間)、公式ブログ“PowerShell Team Blog”で、「Windows PowerShell 2.0」が「Windows 10 Fall Creators Update」から“非推奨”扱いとなる件についての詳細情報を明らかにした。

「Windows PowerShell 2.0」は、2009年に「Windows 7」に同梱する形でリリースされた「PowerShell」のバージョン。「Windows Management Framework(WMF)」を通じて旧バージョンのWindows XP/Vista、Windows Server 2003/2008へも出荷されている。

Windows 8、Server 2008 R2、およびWMF 3.0の一部として「Windows PowerShell 3.0」がリリースされると、「PowerShell」は“CLR2”(.NET Framework 2.0から3.5まで)から“CLR4”へと移行したが、古いアプリケーションとの下位互換性を維持するためのオプションコンポーネントとして、「Windows PowerShell 2.0」の利用は続けられてきた。

しかし、最新版の「Windows PowerShell 5.x」では旧バージョンに比べセキュリティが強化されている。また、いずれ「PowerShell」のバージョンを「.NET Core」ベースの「Windows PowerShell 6.0」へ一本化したいという思惑から、「Windows PowerShell 2.0」は「Windows 10 Fall Creators Update」から“非推奨”扱いとなる。

ただし、いくつかのMicrosoft製品が「Windows PowerShell 2.0」に依存していることもあり、すぐに削除されることはないとのこと。同社は今後数カ月をかけて「Windows PowerShell 2.0」からの移行を進めるとしている。“powershell -version 2”でスクリプトを実行しているユーザーも、「Windows PowerShell 5.1」または「PowerShell Core 6.0」などの後継バージョンへの移行を進めた方がよいだろう。また、“System.Management.Automation.dll”といった「PowerShell」関連のアセンブリを“CLR2”アプリで利用している場合は、“CLR4”への移行を行う必要がある。

 

 

【関連記事】

Windows 10を「視線で操作」できるようになる

Office.comへの「条件付きアクセスポリシー」の適用方法が変更